フットサル好きのための動画サイト

【ペレから認めらたた男】土屋健二氏開発のボールキープテクニック「ジンガ」

「ジンガ」という言葉が巷で使われるシーンとして2つあることをまず注意しましょう。

1つは、ポルトガル語で「揺れる」「リズム」を意味する概念としての言葉。ブラジル人は生まれながらにして「ジンガ」を持っている、などとよくフットボール界では言われますがそれはこちらの意味合い。

そしてもう1つは、土屋健二氏が開発したテクニック名としての「ジンガ」(「スーパージンガ」と呼ばれることも)。ボールが足にすいついているかのように足裏やアウトサイド等を使うボールキープの凄技です。

同氏の言葉を借りれば、”ジンガは自分から仕掛ける技ではなく、罠を仕掛けるための技… 相手を抜くための技ではなく、キープして…来た相手をかわすための技なのである。” ということ。

フットサルにおいても、非常に効果的と思われるこの「ジンガ」。今後も適時紹介していきます。